FC2ブログ

好きな事、日常の事をのんびりと語ります 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週も植P登場!

木村さん、鼻声です。

最初は「無限の住人」のイベントについて。
火曜サプライズのロケで、とんでもなく美味しいお肉を頂いた。
イベントは撮影をさせて頂いた京都への感謝だったけれど、久々に緊張した。
そして、京都の試写会で舞台挨拶後に、大阪に移動した。

スタジオにも来て貰いたい、スティーブン・タイラー。
すますまが終わって、海外アーティストと共演の機会がなくなったけれど、そういう機会を作れる番組にも出演しようよ。
雑誌では、求められたら考えたいと答えているので、可能性はゼロじゃない。

「A LIFE~愛しき人~」話で植P登場後は鼻声じゃない。
これは編集かな!?

最初は、第5話のシーンでの柴田さんと沖田先生の息のあったシーン、あれを手術室に配属になった看護師に器械出しを教えるときのお手本映像として活用、学習教材にしたいというオペナースのリスナーさん。
キムキムコンビは本当に気持ち良かった、観ていて心地よい。
柴田さんのあの感覚が沖田の自信になっていったそうですが、2人で高め合っていったのでしょうね。
本当に良いおっかけっこ。
柴田さんがシアトルについてきてくれなかったと不満そうな木村さん。
ラストシーンのシアトルのシーンは外国人のキャストのみで、その日に限り医療指導の方が誰も居ない。
ここから植Pと木村さんの業界用語が飛び交いましたが、技術部が映画の撮影手法に拘っていた事、ラストのシアトルのシーンは技術部の中山さんの熱意は伝わりました。
「無限の住人」といい、「A LIFE~愛しき人~」といい、プロだけが集まった、全力熱意の人達だけのチーム。
木村さん、本当に楽しかったでしょうね。

診療放射線技師を目指しているリスナーさん。
今回は技師の方達のエピソードを入れる事ができなかったけれど、現場でお会いした医療関係者の方達は全員、凄く高い意識を持っていた。
大学の勉強が20とすると現場で覚える事は100あると思うので、、現場で感じる事ができるアンテナを大学中に作って欲しいという木村さん。
実際に、大学での勉強はとてもハードですが、大学での勉強は現場に立つと、本当にまだ無知なんだと実感する。
そして、日々勉強、怠惰に過ごしていては務まらない職業。
木村さんは本当に医師目線、ドラマの撮影の日々だけで、これを言えるって凄いなと思います。

最後は治療法がないと言われている病気を抱えているリスナーさん。
患者さんは病を請け負うという表現、本当に人に寄り添っている。
「大丈夫」という言葉を台本に入れた想いも改めて語っていました。
そして「A LIFE~愛しき人~」は最終回が放送され、一区切りした 一区切り!?
木村さんの中では、まだコンマであって、ピリオッドになっていないんですね。

最後の植Pの言葉がコンバンバーン。
植P出演の2週間、楽しかった!

今怒濤のように発売される「無限の住人」関係の雑誌でも三池監督が又「無限の住人」を撮るなら是非と言い、そして「A LIFE~愛しき人~」も一区切りという表現を使い、まだまだ描きたかった弧とがあると名残惜しげな木村さん。
木村さんの中には、まだ万次も沖田先生もその裡に残っている、こんな木村さんは珍しい。
それだけ、2つの現場の雰囲気が良くて、プロの集団だったのだろう。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

なっち

Author:なっち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。