好きな事、日常の事をのんびりと語ります 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9話

深冬先生の急変から始まりました。
「オペはどうなるの?」と心配する深冬先生の質問に答えようとした沖田先生を遮り、夫婦感を醸しだす壮大さん。
そして沖田先生への深冬先生の「ありがとうございました」という一言、これでは沖田先生はいたたまれない。
病室を出る前に一瞬躊躇って、首を振ったけれど、納得がいっていないのだろう。
こういう感情の揺らぎが背中からも伝わって来ます。

「もっと早くオペの方法を見つけていれば…」とイライラした気持ちを柴田さんと井川先生に話します。
それが貧乏揺すりで表現されていました。

救急車で母と息子が運ばれてきました。
そのナンバーが10-69。
6話と9話の監督が木村監督、その木村監督から10話へというスタッフの遊び心でしょうか?
最高の先生に診てもらいたいという少年。
患者や患者の家族にとってみれば、それは当然。

深冬先生のオペを自分がしたいと院長に申し出た壮大先生の元に現職大臣の難しいオペの依頼が舞い込んできました。
副院長室にはメインバンクの行員と羽村先生。
壇上記念病院を桜坂中央病院の傘下に置くための下工作を進めてきた羽村先生に、壮大先生はいきなりご破算です。
壮大先生が言い出したプランに沿って、動いてきた羽村先生は、とても不愉快そうです。
そして、VIPのオペをする事が決まったので、このオペが成功すればブランド力が上がると銀行に対して強気な壮大先生と裏切られ、翻弄される羽村先生はメガネの陰で怒りを堪えていました。

一方、父親に相変わらず半人前と言われた事を反芻して不機嫌な沖田先生ですが、救急車で運ばれた患者を担当する事になりました。
知樹君に「ベルギーの王様の家族を手術した先生なら絶対失敗しないですよね?」と言われ、父親のオペを再び思い出す沖田先生。
この時、ちょっと助けを求めるように井川先生の方を向く沖田先生ですが、井川先生はそっぽを向いています。
「僕がしっかり手術するから大丈夫」と言っても、納得しない様子の知樹君です。

深冬先生の病室を訪れた沖田先生に、黙っていると怒っているように見えると言われました。
これって、木村さんもそうですよね。
いつも黙っていると、怒っているとか、不機嫌だとか、ファンからも言われていました。

まだ父親のオペのミスを引きずっている沖田先生の傷口を尚もえぐった上に、大臣のオペ後に観冬先生のオペを自分でするのでシアトルに帰ってくれていいと言い放つ壮大先生。
本当に壇上ファミリーは皆自分勝手、沖田先生をまるで道具のように利用する事しか考えていない。
沖田先生も感情がある人間だという事を分かって居ない。
壮大先生、満足気です。
副院長室を出た沖田先生、暫し呆然として、ドアに寄りかかっていました。

退院する一心さんに誉められる壮大先生と、比較されて半人前扱いをされる沖田先生。
明後日のオペを柴田さんに頼みますが、壮大先生が大臣のオペ準備のために柴田さんのスケジュールは抑えられ、代わりに三条さんと知り、不満を口に出した事を聞かれてしまいました。
柴田さんみたいにはなれない、沖田先生との相性も悪いと言う三条さん。
雰囲気最悪です。
羽村先生にも、オペはいつもベストメンバーで出来るわけではないと忠告されました。

オペのシミュレーションで、三条さんの器械出しに一つ一つ注文をつける沖田先生。
そんな沖田先生に三条さんへの態度を忠告し、「今の沖田先生に深冬先生のオペが出来るとは思えません」と叫ぶ井川先生。
オペはチーム全員の能力とチームワークがカギ。
でも、沖田先生が言う事も分かる。
患者さんの事を思えば、どんなオペでもできるだけきちんとしたオペで尚且つ短時間ですませたい。
そのためには、ただ漫然と器械を出すのではなく、術式を理解して、執刀医の次の動きを予想して、執刀医が受け取りやすく、すぐ次の動作にいけるように器械出しをして欲しい。
沖田先生に怒鳴って退室した後で、言い過ぎたと思ったのか、部屋の前でウロウロする井川先生が面白い。

深冬先生に沖田先生は井川先生のように年も立場も関係なくつきあえる人ができて嬉しいのだと思う、沖田先生には井川先生が居ないとダメかもねと言われ、あんな面倒な人と言いながらも井川先生は嬉しさが隠しきれません。

退院した一心さんを心配した沖田先生に、又半人前扱いをする一心さん。
「俺にしか出来ないオペをやっている」と言い放ちますが、「そんな事を言っているから半人前、相手が誰でも、どんな時でも、ただひたすら準備をする、心をその一点だけに集中させる、雑念は入らない、一途一心、それが職人と言い、ただ包丁を研ぐ父の姿を見て、沖田先生も悟った事があり、病院に戻りました。
オペ室でシミュレーションをしている三条さんに自分の態度を謝り、柴田さん、井川先生に感謝した沖田先生。
本当にこのトリオいいですね。

バーで榊原実梨さんと密会する羽村先生。
壮大先生は心の奥に不安や恐れを抱えているから、目の前の事に集中できなくて不安定。
土台は不安なので、そのうち崩れると言う実梨さん。
自滅すればいいと言う実梨さんに羽村先生は頼み事。
2人で良からぬ相談、あれだけ壮大先生に踏みつけにされれば、反撃に出ますよね。

沖田先生は知樹君のお母さんのオペです。
三条さん、シミュレーションの甲斐あって、スムーズな動きです。
酸素飽和度が低下したら、即座にシャンテの用意が必要だと気づくようにまで成長しています。
そして、無事にオペが終わり、沖田先生は三条さんにも「スムースだった、ありがとう」と。
三条さんも嬉しそうです。
三条さんもオペナースとして一段階成長しました。
オペ室の前で待っていた知樹くんに手術が上手くいった事、そして未来に1億円払うという知樹君の証書を返し、「こういう事をしなくても、全員全力でやっている、どんな患者さんでも救う事しか考えていない、患者さんが元気な姿で帰っていくのを見る事が一番嬉しい」と言う沖田先生。
それでも納得しない知樹君は沖田先生にくってかかりますが、井川先生から沖田先生がベルギーの王様の家族をオペしたのが沖田先生だと知らされました。

羽村先生に留学について尋ねる井川先生。
経営者としての道を歩むか、腕を磨いて現場で生きるか、将来の道を模索しているのでしょう。
留学がすべて沖田先生のような良い結果になるとは限らないと言われてしまいました。
沖田先生にシアトル行きを勧めた壮大さんも院長も、その事を知った上で沖田先生をシアトルに送り出した。
本当に腹黒い。

多くの見学者が見守る中で、大臣のオペが始まりました。
本当に凄いと感嘆する沖田先生。
それに反し、羽村先生は面白くなさそうです。
誇らしげに記者発表する壮大先生を見つめる目が怖い。

手がしびれる中で、未来の莉菜ちゃんへ手紙を書く深冬先生。
自分の死を覚悟しているのでしょう。
そんな深冬先生に、オペは自分がすると告げる壮大先生。

お母さんの命を救ってくれた事で知樹君は、勉強は苦手だけれど医者になりたいと話しました。
算数のテストの点数は59点。
母親の死から医者を目指した沖田先生は、知樹君に過去の自分を重ねます。
去って行く知樹君を見守る沖田先生は本当に嬉しそう。
算数100点しかとった事がない憎らしげな事をいう井川先生は「今日オゴリ」と言われました。
あの少年が本当に医者になってくれたら、こんなに嬉しい事はないと言う井川先生。
このドラマを観て、本当に医師やオペ看を目指す人が多く出ますように!
この焼肉屋さん、酔った勢いで壁を殴らないで下さいとか、赤字で壁にパンチ禁止と書いてあります。
これも木村監督の遊び心かな!?
一途一心に気づいた事を井川先生と柴田さんに話す沖田先生、本当にこの2人にはありのままの自分を見せています。
これで「深冬先生のオペができますね」と言われ、「この間誰かさんに深冬先生のオペはできませんよね」と言われたと、井川先生の顔を覗き込みます。
「その通りだったんだけど」と言うと「分かってくれればいいんです」と本当に言いたい放題の井川先生。
そして、野菜も食べようと沖田先生のお皿に野菜を盛ろうとしますが、全身で逃げる沖田先生と、「オスワリ」と言う柴田さん。
このトリオのシーンは本当にホンワカとして、心が和みます。

お父さんが大好きな莉菜ちゃんを見つめて考え込んで居る深冬先生。
沖田先生と壮大先生2人を呼んで、色々考えたけれど、自分のオペは沖田先生にお願いしたいと宣言します。
それを聞いた壮大先生は、深冬先生の言葉も聞かず激高します。
難度の高いオペ、成功しなかった場合に莉菜ちゃんと壮大先生の受ける傷を考えての決断でしょう。
ある意味、沖田先生も壮大先生も信頼していないという事。

院長の元に、羽村先生と実梨さんが壇上記念病院と桜坂中央病院の医療業務提携基本契約書を持って現れました。
壇上病院を乗っ取ろうと画策した事を知った院長は、深冬先生、沖田先生の前で壮大先生を解任しました。
怒りは分かるけれど、院長って、沖田先生のオペ前にシアトル行きの新装を暴露ししたり、いつ暴発するか分からない深冬先生の病状をしりながら、深冬先生の目の前で夫を糾弾するのは医師として、どうなんだろう。

上手い役者が揃い、現場で生まれた言葉が息づいているドラマ。
あっという間に時間が経ちました。

ここで9話の終わり。
来週は最終回です。
予告では、ボロボロになった壮大先生や、荷物の整理をしている羽村先生の姿がありました。
最後にボロボロと悲しみの涙を流すエンディングではなく、気持ちがよく、今も沖田先生と井川先生と柴田さん3人のトリオが楽しく、元気にやっていると感じられるように気持ちのよいエンディングを望みます。
たった15分の拡大で、絡み合った糸を全部ほどけるのでしょうか?
せめて30分拡大して欲しかったな!





関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

なっち

Author:なっち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。