好きな事、日常の事をのんびりと語ります 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万次さんと沖田先生の間で揺れる

ワッツの前にシネマスクエアとJ MOVIE MAGAZINEの2冊を読んで、嬉し泣きです。
どちらにもMIYAVIさんとの対談が掲載されていますが、シネマスクエアの方がよりカットが少なくて、MIYAVIさんの木村さんへのリスペクトが伝わって来ました。
思えば、裏側ではもうあの状態だった15年のFNSですが、パフォーマンス後には、互いにリスペクトするアーティスト同士のMIYAVIさんとのハグ。
MIYAVIさんはずっと「何故ソロをしないんですか?」と誘ってくれていたけれとど、今度はもっと積極的。
木村さんがどれだけのものを背負って、犠牲にしてきたかをちゃんと分かった上で、もうそこから解き離れて一アーティストとしての木村拓哉をもっともっと見たいと思ったと、対談で木村さんに言って下さっている。
静岡新聞や上毛新聞に掲載された木村さんのインタビューでは柔軟なスタンスを示しています。
MIYAVIさんはアーテイストとしてワールドツアーも行いながら、俳優としても活動。
浅野さんはあれだけ多くの映画に出演されながら、バンド活動。
メインは俳優に軸足を置いても、これまでと異なり、Gのスケジュールに縛られる事がないので、もっと自由に思うがまま、感じるまま、求められるままに、色々な活動を行って欲しいと思います。
そして、J MOVIE MAGAZINEは撮影監督、アクションコーディネーター、キャラクタースーパーバイザー、ヘアメイクの4人のスタッフの三池組と現場の木村さんについてのインタビューが掲載。
スタッフから伝えられる裏話が大好きなので、こちらも嬉しかった。
この2冊の映画誌でウルウルして迎えたワッツはA LIFE ~愛しき人~話が30分。

最初は沖田先生が不味そうに飲んでいる野菜ジュースについて。
美術スタッフのやっさんが一個一個作ってくれているものを劇中で愛用しているけれど、とてもフルーティーで美味しい。
医局を出てすぐの所にある自動販売機の一番下の段の一番左側に売っている設定になっている。
3話で野菜ジュースをとり出すシーンがあったので、知っています。

次は沖田先生が履いているNIKEのエアマックス95について。
実際にオペの見学をさせていただいた時にノークッションの靴で立ちっぱなしなので、足腰にくるなという率直な感想から、実際のドクターの方達に伺ったところ、「正直キツイ」という事で、今回は皆スニーカー。
実際に多くの医師はスニーカーです。
ましてや、ハイヒールのドクターなんて居ません。
外科医でなくても、院内を歩き回る事が多いので、音がしない、足腰に負担がない靴が多いです。
スクラブのカラーに合うスニーカーを持って来て履いていると言うことは、あのスニーカーは木村さんの私物ですか?
HEROのNIKEはスタッフが用意してくれたものを使った。

この後は医療関係者からのメールが゛続きました。
助産師さんからはオペ用のゴム手のサイズは7?
リスナーさんの見立て通り、7。
撮影の中であの滅菌手袋をはめる瞬間は非常にスイッチが入る、滅菌手袋を広げてくれる方の所作によって、はめやすかったり、はめにくかったり、すごい阿吽の呼吸があり、大体木村文乃さんがやってくれている。
文乃さんは、本当に気持ちが入っている人。
第4話、本当に柴田さんと沖田の廊下のシーンが良かった。

看護師を目指して大学に通っているリスナーさんから、聴診器のチェストピースをポケットに入れる時は下向きに習ったけれどというダメ出し?メール。
木村さん、びっくりして、考え込んでいます。

歯科衛生士さんからのメール。
歯科衛生士さん、歯科医さん、院長と歯科医院の殆どが観ていて、院長の言葉も嬉しい木村さんです。

本物にどこまで近づいて医療ドラマを作ってくれるか楽しみにしているというER、CCU、ICUの勤務経験があり、医師と結婚された看護師のリスナーさん。
術後の血ガスの採取や、足背動脈を確認するなどの仕草があると現実っぽいという指摘に、まだまだまだまだ、勉強だなと木村さん嬉しそうです。
ちなみに木村さん、血ガスはちガスではなく、けつガスと言います。
血液ガスの略です。
2日間ずっと手術というスケジュールがあったそうで、木村さん以上に私も楽しみです。

今度はアドリブで「臨床工学技士、ポンプオン」と言って欲しいという臨床工学技士からのメール。
臨床工学技士の方という形で、人工心肺の機械のところには2名スタッフが出演者として存在している。
医龍では臨床工学技士もきちんとスポットがあたっていましたし、チーム渡邉にも公務員のキャリアを捨てて、チームに参加した方がいましたね。
又、今Twitterでは北海道ハイテク臨床工学技士学科がドラマの進行に合わせて、機器と用語を解説されています。
ドクター1人では何もできない、本当にみんながいないと成り立たない。
これは木村さんの信条ですね。

楽しい30分のワッツです。
現場に入って居る時の木村さんはいいな~!
そして、今日はムビチケの発売日。
皆様、無事に特典のクリアファイルと2種類のフライヤーはゲットされましたでしょうか?
どちらも数が少なく、早々になくなった劇場もあるようです。
そして、フライヤーはお願いしないと、出されない劇場もあるので、ムビチケを買う時に、問い合わせた方が良いと思います。





関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

なっち

Author:なっち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。