FC2ブログ

好きな事、日常の事をのんびりと語ります 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A LIFE ~愛しき人~ 第1話

一応元医療関係者なので、医療ドラマは好きだけれど、そこに見え隠れする嘘っぽさには毎回心の中で突っ込んでいました。
今回木村拓哉第二章のスタートとして、初めて本格的に取り組む医師の役と聞いて、びっくりすると共に期待感と不安感が半々でした。
でも、ナビで見た木村さん初め、スタッフ・キャストの本気で期待だけが増していきました。
そして迎えた第1話。

CMになって、やっと息をつくという状態でした。
そこには所謂スーパードクターはいません。
分かりやすく、派手なわざとらしさもありませんが、見応えのある良質な作品です。
今の医療の現状を伝えた上での人間ドラマとなっていました。

上手な俳優さんばかりが揃い、大げさな動きではなく、表情・目の色、目の光、目だけでも、きちんと感情を表現している。
そして、木村さんの低い声で「大丈夫だよ」と言われると、本当に大丈夫だと信じられる。
オペシーンは術中、術前、術後を含めて、正に熟練の医師そのものでした。
この役に入る前に、相当に練習を重ねて喜多という事が分かります。

田中泯さんとのシーンはGOOD LUCKの時のいかりやさんとのシーンを彷彿させました。
田中さんとのシーンはきっと毎回ほっこりするシーンになりそうです。

天野先生の連載コラムでも外科医の実力は症例数に比例すると書かれているように、日々の練習・技術の鍛錬が大事。
医師や病院の日常もよく描かれているドラマでした。
冒頭で出て来た深冬の頭痛は終盤に向かっての伏線かと思っていたら、あっさり第1話で明かされて、アッというの間に過ぎた85分でした。
早く次回が観たいと思うドラマてになっていました。





関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

なっち

Author:なっち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。