FC2ブログ

好きな事、日常の事をのんびりと語ります 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます

遅まきながら、明けましておめでとうございます。
冠がとれて、新年と共に「新人」となった木村拓哉を今年も、そしてずっと応援していきたいと思っています。

年が明けても、メディアは放っておいてくれません。
いい加減、他のネタに行けよと思います。
腹が立つ事は多いけれど、年が明けて更に激化した怒濤の祭りに浮かれています。
雑誌はどれも良いですが、特に久しぶりの登場となったananはピカイチ。
グラビアは勿論ですが、インタビューが良い。
「無限の住人」撮影時の心身の状態も赤裸々に語っていて、木村さんの当時の心境を思うと、本当に切なくなります。
極寒の京都での時代劇の撮影はとても過酷でしたが、その撮影とスタッフの方達の温かさで木村さんのバランスがとれていた事を思うと、当時と、そして今、木村さんを温かく包んでくれるスタッフがいる現場があった事を感謝せずにいられません。

ananについてのみ触れましたが、TV station、TV LIFE、ESSE、、セブンどのインタビューもその雑誌の向こう側にいる読者の目線できちんと答えています。

こちらでは放送されなかったナビ番組もネットで見ましたが、共演者との良い関係性が伝わって来ました。
タクタク、たっくんと呼ばれて、楽しそうに撮影に臨んでいるだろう木村さんが想像できる対談でした。

そして、新年最初のワッツ。
新年恒例の挨拶で始まりました。
最初のメールは今年の書き初め
今年の新年は意味がもっひとつのっかるので、経験値は若干あるけれど、新たな気持ちで自然体に過ごせていけたらいいなという事で「新人」。
2002年から始まったワッツでの書き初め、ない年もあったけれど、毎年楽しみな書き初め。
以前はほぼ下ネタを絡めていたけれど、2015年の体幹、2016年の感謝に続いて、今年は新人。
冠が取れた木村さんが新しい気持ちで、新しい減はにどんどん立って、経験値をどんどん増やして行く事を願っています。
新年一発目のワッツで何を話すかと耳を傾けている方達いっぱいいるという言葉に、メディアを含めたファン以外の輩達が聞き耳を立てている事をよく知っているかのような木村さん。
ワッツ中に早速ネットニュースが流れて来ましたし、今朝はスポーツ紙、WSでもとりあげられていました。
アンチもメディアもワッツをファンだけのラジオに返して頂けませんか?
本当に鬱陶しい。

去年の年末まで多くの人達がSMAPを、みんなの記憶にちゃんと残そうとしてくれた結果、記憶だけでなく記録にも結びついたりして、本当に感謝していますという木村さん。
ここで、暫く間がありました、きっとスタジオのブースの中で一つ感謝の礼をしていたのじゃないかと思います。
私はあの花摘みは反対でしたが、木村さんは素直に感謝し、それを言葉と態度で表している。

Gの冠がとれた木村拓哉を冷静になって考えていたけれど、じっと考えてても、何も変わらねーなと思って、ひたすら体動かしていた。
気持ちが変わったぶぶん、根底の部分では変わっていると思うけれど、大きな視覚・視野が変わったと言う感覚はない。
多重結びの練習をしながら台本を読んでいたり、身体動かして汗流してたり、「さんタク」ねぇじゃんという普通の感覚でお正月を過ごした木村さん。
さんまさんに「明けましておめでとう」メールを送ったら、49ersの16番のジョー・モンタナのTシャツを着てメキシカンハットをかぶった、つけヒゲをしたさんまさんの写真と共に「アミーゴ!おめでとう!」というメール。
さんまさん、オーストラリアで楽しそう。
来年ご一緒できるといいけれど、いつもならハワイとか、言っているどこかの取材していないアホメディアはおいといて、木村さんはいつもお正月は国内だものね。
たっくんのつくったすき焼きが食べたいというご希望の先輩のお宅へ行き、初詣でに行くという恒例の行事がある。
わざわざ取材しなくても、ちょっと調べれば分かる事を、妄想作文を垂れ流すマスゴミ達。

新しい事にチャレンジして欲しいリクエストがリスナーから続々と。
歌手、ソロデビューはいやいやいやとあっさりスルー、これは全く本人にその気がないね。
舞台は本当に出会いなので、作られる方達から求められることがあった上での話、これは脈アリ、舞台関係の皆様、木村拓哉への舞台のオファー、どんどんお願いします。
蜷川さん、もう少しだったのに。
ナレーション、特に動物番組のナレーションは求められたら、トライしてみたい。

ドラマ「A LIFE ~愛しき人」のエキストラに参加されたリスナーさん。
逃げ恥の♪恋の振り付けは難し過ぎるという木村さん、これは踊ってみた事がある?
あのダンスを踊る木村さんは見てみたかったな!
ドラマの現場のムードメーカーは及川さん、スタッフの掛け声に合いの手を入れる。
撮影の合間の共演者との話、木村さんが「とにかく楽しいです」と話していたけれど、本当に楽しい現場が今の木村さんにあって、何よりも良かったと思います。
現場でスタッフ・共演者と一緒に笑い合っている木村さんの笑顔が最高!

最後は♪ダイナマイトの歌詞から、ダイナマイトなボディは?という質問。
峰不二子さん、ワンピースならナミ、ロビン。

求められればといういつもの謙虚な木村さん。
もっともっといろいろな木村さんを見たいので、どんどん要望を届けたい。





関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

なっち

Author:なっち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。